特報

仙台サブカルチャー合唱団 第1回演奏会

仙台サブカルチャー合唱団

第1回演奏会

~サブカル合唱は伊達じゃない~

2020年2月23日(日)

14:00開場 14:30開演

日立システムズホール仙台 交流ホール

入場無料

↓クリックで拡大します

キミはまだ本当の仙台サブカルチャー合唱団を知らない!

NEWS

令和元年度「まつりだよ!泉区中央!」たくさんのご来場ありがとうございました!

当日は

  • プリキュア5、フル・スロットル GO GO!
  • 残酷な天使のテーゼ
  • ブルーウォーター

を演奏致しました。

2020年2月23日の単独演奏会もよろしくお願いします!

Youtubeにて動画公開中!

団員募集について

10月27日をもって、令和元年度の新規入団を締め切らせていただきました。

演奏会まで精一杯練習して仕上げていきますので、お楽しみに!

(それでも参加したい!歌いたい!という方はお問い合わせください)

指導者プロフィール

指揮・編曲佐藤 祐也

旧三本木町(現大崎市)出身。15歳より打楽器を始める。山形大学教育学部生涯教育課程音楽文化コース卒業。同大学院教育学研究科修了。

打楽器専攻生として大学に入学したものの、数少ない友達だった声楽専攻生達から「オペラの指揮者がいない、やってくれ」と推され頼まれる形で指揮者の道に足を踏み入れる。

その後、モーツァルトのオペラを中心にピアノ伴奏版の上演を幾度も行い、その度に痛い目に合いつつ研鑽を積む。

山形大学音楽研究会管弦楽団・合唱団では2年時以降副指揮者。理由は「ティンパニは間に合ってるからお前は指揮でもやってろ」。

4年時にはYCMオペラ「秘密の結婚」オーケストラ伴奏での原語上演にて指揮を務める。

在学中を通して南沼原男声合唱団の指導にあたり、合唱の楽しさと純米酒のうまさを学んだ。

また、何故か室内楽曲の作編曲にも傾倒し、12人による打楽器アンサンブル「ダフニスとクロエ」等を編曲、上演した。

元々ガンダムZZ以外何も知らない人間であったが、「蒼穹のファフナー」との邂逅により、開眼することとなった。

卒業後はバンド活動に励み、「けいおん!」に影響されてドラムではなくベースを担当。楽器はFENDER JB62。

現在は儲からない会社の経営者。

これまで、指揮法を渡辺修身氏に師事。作編曲法を長谷部裕介、佐藤開生の各氏に師事。声楽・合唱指導を友川廣人氏に師事。打楽器を今村三明氏に師事。

ピアノ山形 佑輔

仙台市出身。7歳よりピアノを始める。山形大学教育学部生涯教育課程音楽文化コース卒業。同大学院教育学研究科修了。

ウィーン国立音楽大学マスタークラス参加。第 46 回全東北ピアノコンクール第 2 位。第 19 回大仙市大曲新人音楽祭コンクール奨励賞。

ショパン新人演奏会に出演。他、多数の演奏会に出演。現在はフリーのピアニストとして合唱、室内楽を中心に活動、各種コンクールでの伴奏も数多く行っている。

ガンダムの知識はGジェネで仕入れたもので、好きなモビルスーツは「ガンダムヘビーアームズ」であるが、自身の体からミサイルは出ないという。

90年代の週刊少年ジャンプ、コミックボンボンを愛読して育った過去を持ち、現在も多数のコミック本を保有するなど、サブカル文化にも造詣が深い。

クラシックピアノ演奏家として活動していたが、旧知の指揮者により召喚され、サブカル合唱の世界にてその腕を振るうこととなった。

これまで、ピアノを小野静江、渋谷るり子、中川賢一、植木由利子、伊達華子、カール・アンドレアス・コリーの各氏に師事。室内楽を川崎操氏に師事。

お問い合わせ

メールにてお問い合わせください。

仙台サブカルチャー合唱団事務局:

sendai.subcul★gmail.com

(★をアットマークに置き換えて送信してください)

※送信後、3日経過しても返信がない場合は、お手数ですが再度ご連絡下さい。